アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2016年12月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

個別指導といえば、これまでは家庭教師による戸別訪問が主なものでした。
費用は予備校や塾と比べるとかなり高いものですが、生徒ひとりひとりに合った学習方法を取り入れることと、理解できるまで教えてくれる確実さがあるために、学習効果は非常に高いものです。

最近では、その個別指導の利点はそのままに費用がかなり抑えられる予備校や塾によるものが主流となっています。
個別ブースを設けて生徒ひとりに講師がひとりついて、マンツーマンで学習にあたるというものです。

大勢の教室での授業のように、理解できないままに先に進んでしまうこともありませんし、また分からないことはその場できちんと理解できるまで教えてくれるために、確実に学力が上がるという効果が期待できます。
費用も家庭教師と比べるとかなり安いものなので、多くの生徒が受けることのできる特徴があります。

個別指導は1対1で指導が行われるところであれば、生徒一人一人に指導が行き届きやすく、その分集団指導の予備校や塾よりも価格は高くなる傾向にあります。
ただし、価格は指導科目により異なる場合が多いため、かなり幅は出るでしょう。
また、科目数や通う頻度によっても価格は変わります。

少人数対1で行われる個別指導もありますが、1対1で行われる個別指導の方がより生徒の状況に合わせた指導が受けられるでしょう。
また、授業料以外にも教材費や入会費、年会費などがかかることを考えれば、ひと月に支払う金額は相当高いものとなりますが、その点は集団指導の予備校や塾と同じです。

最近では個別指導や集団指導の予備校、塾に通う生徒が増加してきたことから、業界内では価格競争を展開していることろもあります。
個別指導でも低価格で受けられるものもあり、今後ますます価格と内容が重視されることになるでしょう。

学習支援サービスとは、現在では様々なサービスが展開されています。
代表的なサービスとして、個別指導を挙げることができますが、その他に類似しているサービス、競合しているサービスとして予備校や塾、家庭教師を挙げることができます。

個別指導とは、マンツーマンで指導をすることができるようになっている環境で学習をすることができるため、生徒のペースに合わせて学習をすることができ、学習内容の理解度を深めることができます。
家庭教師では、個別指導が家庭で行われるものとなっています。
予備校や塾は、集団指導が基本となっています。

クラス全体のペースに合わせて学習をすることから、個別指導との違いを見ることができます。
講師の授業が分かりやすいメリットはありますが、デメリットとして全体のペースで学習をしなければならないという特徴があります。

個別指導は今や予備校や塾において行われるようになっています。
これまでは家庭教師というスタイルで、多額の費用を負担して頼んでいたものですが、割とリーズナブルな費用で受けることが可能となっています。

個別指導の特徴として挙げられるのは、なんと言っても生徒ひとりひとりに合わせた学習方法をとることができる点にあります。
人によって理解度や覚えるスピードも違うために、大勢の教室で行われる授業ではついていけない者も出てくるものですが、とことん理解できるまで授業を行ってくれるために、確実に結果が出てくるという安心感があります。
また、周りに他の生徒がいるという環境も、常にライバルの存在を意識することによってモチベーションの維持にも役に立ちます。
家に他人となる家庭教師が入るという気を遣うことがないのも利点のひとつとなります。